サッカー留学応援団

『現地エージェントと話せる』留学マッチングサイト

日本とスペインの練習頻度

約 2 分
日本とスペインの練習頻度

こんな記事が出てました。

「運動部活動に関するガイドライン(指針)で、固まっている中学校での活動時間や休養日の基準を高校にも適用することが了承された。
中学の部活動について、平日は長くとも2時間、休日は3時間程度までとし、休養日を平日1日以上、土日1日以上の週2日以上とする基準を固めている。高校に関しては義務教育でない点を踏まえて議論してきたが、この日の会議で中学の基準を原則適用すると確認した。」

この記事を読んで思うことは「それでも多くないか」ということ。

練習時間や日程は現場が決めることであって監督の考えがあってのことですからどこまで指針に従うのかわかりませんが。

スペインでこの記事を読んでもらったらほとんどの人が反対、批判的意見だと思います。

少なくともサッカー界では。

週3、4日の練習に週末の1試合、練習時間は1時間〜1時間半。

このサイクルが全てのクラブに当てはまります。

それでも世界トップの育成レベルなのです。

つまり練習時間を長くしても意味がない。

日本でよく言われる「1日休めば取り戻すのに3日かかる」などは迷信で

それよりも週末は家族と過ごしたり、十分な休息をとったり、勉強したり。

それらに時間を割く方が成長すると思います。

現にスペインがそうなので…

日本で練習時間が短くなることはいいことです。

短くなる=下手になる

という考えを変えていかないといけませんね

Leave A Reply